フランスの美習慣

Posted 3月 14th, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

お国も違えば、スキンケアの方法の主流も肌に良い髪の毛に良いとされている習慣の違いも違うものですよね。中でもお隣の国韓国も美意識の高い女子の国とも言われていますが、アジアから離れてフランスも、相当美意識が高い国といわれているそうです。

確かに欧米系の白人さんに比べ、ヨーロッパの白人さんの方がキレイだと言われていますよね。
そんな中で是非、試して見たい! というフランス式美容習慣があるそうです。

気候などの影響もあるとは思いますが、あちらの習慣では保湿が最もスキンケアでは大切だと言われているそうです。
またこんな実験結果があるそうですが、日本人女性50人にフランス式の洗顔+保湿だけのシンプルなケア方法を1カ月継続で行った結果、敏感肌が改善されたという女性がとても増えたそうです。
また日本でも最近オーガニック化粧品が注目を集めているものですが、フランスは更にこの部分を視野に入れているのが早いようで、保湿を使うのであれば天然のものをふんだんに含んだオーガニック保湿のものをチョイスするそうです。
また洗顔にそこまで力を入れないという方も居るそうです。
中には必要以上に肌を傷つけない為にも洗顔料は全く使いません! とう人も居るほどだそうです。また洗顔料を使うとしても選ぶ時には、刺激が少ないソフトなもので泡立ちの良いものを選ぶそうですね。
他にも、髪の毛は2日に1回洗うなどと、髪の毛に対して負荷をかけないことなどが挙げられるそうです。ちょっと日本の気候からしたらこれは無理ではないのか? と、思ってしまいますが、乾燥した季節の冬~春先にかけては可能ではないのかと思えますね。洗いすぎがかえって乾燥を招きダメージヘアを作ってしまうなんて事も考えられます。

確かにこう見ていると、フランスの美容習慣というのは割と簡単に取り入れやすいものが多いのではないのかと思えますね。中でも実験結果さえ出た、保湿の分野に対しては敏感肌対策にとても参考になるのでは? と、思えます。

頭皮の弱さと染髪

Posted 3月 8th, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

自分自身も頭皮がかなり弱い方で、以前美容室に行った際に染める薬が合わず痛みを感じてギブアップをした事があります。

そうなると、髪の毛を染る事に何だか恐怖を感じてしまいますね。
しかし、こいった髪の毛を染める染料は化学物質などを多大に含んでいる故に、どうしても頭皮にとっては刺激が強いものには違い無いそうです。

今は未だ20代も終わりでまだ白髪には無縁で気にならないものの、あと10年早ければ5・6年で白髪も生える可能性もある故に白髪染めのケアも少し怖いなと思ってしまいますね。白髪染めというとやはり定期的なメンテナンスを行わなくてはいけないもの。
またヘアカラーよりヘアマニュキアといった髪の表面にコーティングを施す処方のものが多いので普通のヘアカラーよりも色が落ちてしまうのが早いので割と短期間の間で何度もやらなくてはいけないというイメージが強くなるものです。

しかし、しみない・頭皮痛くならない白髪染めなんていう都合のいいものはあるのでしょうか? そして欲を言うのであれば長く持つものを……と考えてしまうものですね。
結論としてはどちらとも言えないものですが、やはり「低刺激」を特化した天然素材を主にした自宅で簡単にセルフケアで出来る白髪染めもあるそうです。

また、美容院のものより通販白髪染めの方が良いとの声もあります。
その理由としては通販には必ず口コミというものがありますよね? このマイナスな口コミがもしもあったとしましょう。当然商品は売れなくなるのです。
その為に肌トラブルが起こりにくいようにと、こういった配慮がされているものだと考えられて優しい白髪染めが見つかりやすいと言われているそうです。
けれど、やはり今まで髪の毛を染めてる最中に頭皮にひりつきや痛みを感じた事のある人ははじめにパッチテストを行ってからの使用が好ましいように思えますね。

洗顔と毛穴の関係

Posted 3月 1st, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

毛穴の悩みというと老若男女問わず、誰もが抱えるお悩みの一つなのではないでしょうか。事実自分自身のエステティシャンの知人の話に寄ると、フェイシャルエステで来店する方の最も多いワーストワンの悩みといて毛穴の問題に悩んでいる方がとても多いそうです。

そんな私自身もやはり毛穴が最も気になっている悩みですね……自覚し始めたのは中学生にあがった頃あたりからでしたが、やはり汚れるのは一気に早いもので何をしても全然ダメだったとその当時を思い出す事ができます。
やはりそういった汚れに対するケアというと「落とすこと」を先決に考えるものですよね。
だから、洗顔をマメに行ったり、皮脂を取り除く為に毛穴すっきりパックのような貼ってはがすタイプのピールオフパックを乱用するようになったりとする方も多いそうです。
事実私も落とす方に過去特化をした事がありますが、やはりそれだけでは全く改善が見られないものなのです。
それどころか肌に負荷がかかりすぎて乾燥を招き肌を薄くしてしまい、皮膚炎にかかりやすくなってしまい、常にじゅくじゅくとリンパ液が滲み出るといった敏感肌に……という辛い経験をした事があります。

断言出来ます。
洗顔だけ・落とすだけという方法をいくら試してみても一向に良くなりません。
それどころか悲惨な状態を招くので絶対に肌に負荷のかかるケア方法はなるべく避けるように考えた方が良いでしょう。

そこでやはり重要なケア方法というと、この落とすと潤すの上手なバランスだと思えますね。毛穴がどうして広がったり詰まったりしてしまうか考えると、やはり皮脂分泌が考えられますが、ただ脂を多く出してしまうのには水分が足りないといった乾燥によるパターンも考えられるのです。+スキンケアをしっかりと行うケアによってやはり改善が見えてくる問題でもあります。じっくりと向き合っていくことが大事なのではないでしょか。

安い化粧品は効果ナシ?

Posted 2月 22nd, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

最近アパレルだけではなく「プチプライス」のものというと多数出回っていますが。その中でもコスメや化粧品も例外ではないと思えます。

しかしこういった肌に直接つけるプチプラ化粧品効果なんか全く無いのでは? と怪訝してしまう部分もあるものですよね。
実際に2000円のアイシャドーと600円のアイシャドー双方購入した事がある私の経験ですと、当然高価なものの方が色のびや発色も良くて良い印象を持てましたが、最近は品質も改善されているものも多数あって「高ければ高いほど良い」という常識を覆されているように感じれます。

しかし、化粧品においてもきっとこれは同じなのではないのか? と思える部分はいくらかあるものですね。

高い化粧品というとそれだけ「良質なものをふんだんに含んでいる」と考えられるものですが、別の意見ではボトルのデザインに凝ってそちらに制作費を費やして高いというふうにも考えられる部分もあるそうです。そう思うと安いから「悪い」「粗悪」とは簡単に考えられないのでは? と思えてしまう部分もあるのではないでしょうか。
結論としては決して安いから「悪い」というふうに思ってしまうのはかえって良くないものなのではと、思えますね。しかし、やはり品質にこだわるボーダーラインとしては1000円を目安いした方が良いという意見もあるそうです。
やはり肌はひとりひとり似ていても違う部分があるものなので合う・合わないといったズレはやはりどうしても生じるものなのではないでしょうか。

ゲレンデ焼けに注意

Posted 2月 10th, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

以前シミに対するケアの一つとして第三医薬品についての内容を話しましたが、それ以前の問題にまず目を向けた事がありますか?

恐らくその問題はこれからの春・夏に注目を集める問題でもありますが『紫外線の問題』です。この時期、皆さん絶対油断していますよね?
しかし残念ながら紫外線の影響を最も受ける季節は春・夏という期間ではありますが、勿論秋や冬にだって紫外線の影響は少なからず受けて居るものには違い有りません。

実際に私自信も散々経験をしてきた、冬の日焼けについて説明しましょう。
冬日焼けに特に注意が必要な人、これはゲレンデに頻繁に足を運ぶ人です。
雪の乱反射の照り返しによって、肌が汚い雪焼けを起こします。その上ヒリヒリとした痛みを感じるものです。自分自身も20年近いキャリアで冬期にスキーを行っていますが、小中学生の時代は当然紫外線になんて目もくれずなんでこんな痛いんだろう?汚くなるんだろう?程度にしか考えていませんでしたが、それにようやく気がついたのは高校生になってからでした。その後、しっかりとUVクリームを使い日焼けは軽減されたのですが、やはり汚い焼け方をするものです。そうならない為にはウォータープルーフのものwp使用したり、休憩中にちゃんと塗り直す事が大事だと思えます。
そういた気遣いをしなければ、やはり追々シミだらけになってしまうという事もあるようです。ソチオリンピックも開催されていますが、以前TV番組の特集で聞いた冬期五輪のスキーやスノーボードの選手はやはり頻繁にゲレンデで練習をするとのことで、日焼け止めクリームは冬場のゲレンデで欠かせないものだとさえ言っていました。

自分も経験をしている事ですが、雪焼けは海の日焼けとは比べものにならない程に汚い焼け方をします。追々シミに悩まない為にもウェアに1本日焼け止めクリームを忍ばせておくことも良いのではないでしょうか。

白髪染めってどうしてすぐ色落ちするの?

Posted 2月 9th, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

30代後半から40代の悩みというと挙げれば尽きないものかも知れませんが、中でも白髪に悩み始める人が本当に多いのではと思います。

しかし、白髪これは老化の現象の一つとして出てもおかしな事ではなく自然な事です。
けれど、出来れば年も取りたくない! と強く思う女性に取っては白髪が生えること。これはかなり悲しい事なのでは? と、思えます。
しかし白髪……これはあればあるだけ老けて見えてしまうものですよね。そんな白髪やはり殆どの方がカラーをしてカバーをしているかと思いますが、思った事はありませんか?
色がすぐ抜け落ちてしまうと。

しかし、白髪染め 色落ちが激しいのにはやはりそれ相応の理由があるものです。
基本的に白髪染めはヘアマニュキアにカテゴライズされるものが多いものです。染料を髪の毛に染みこませて染めるというものではなく、髪の毛をコーティングするというものですね。確かにマニキュアというと爪の上にコーティングするようい塗るものなのでこの言葉は簡単に納得出来るものだと思えます。
しかし、ただ上に色を乗せただけだと考えると、やはり日々髪を洗っていれば当然すぐに色落ちがしてしまうものです。
それが長続きせずすぐ落ちるという理由に結びつくのではと思えます。
しかし、この色落ちに関しては仕方ない部分もあるように思えますね。けれど色落ちをしてしまうとしてもどのようなものを選べばいいのかというと、一定期間をおいても頻度多く使うものとなるのでやはり頭皮や髪の毛に優しいタイプのものが好ましいのでは? と思えます。その中でおすすめ出来るものというとカラートリートメントといわれる天然素材を使った髪を染めながらもヘアケアをしてくれるようなものや、弱アルカリ性のものが色落ちが遅く好ましいと言われているそうですよ。是非参照にしてみてはいかがでしょうか。

乾燥をタダの乾燥とナメない事

Posted 2月 2nd, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

現在私自身が30代を目前とした年齢で、この頃とても気がかりな問題の「乾燥」

20代前半までは冬期になってもそこまで気にならないものでむしろ脂っぽいと感じる事さえもあったものですが、25才を過ぎたあたりからカサカサ感。化粧ノリの悪さがやたらと気になるようになってしまいました。
世間一般的には30代というとまだまだ若いという印象があるものですが、やはり年齢にはお肌も曲がり角ですね。流石に20代前半に比べて認めたく無くても老化が進んでしまっている事は事実なので「仕方ない」と思える部分はあるでしょう。

けれど、この乾燥をタダの乾燥と適当なケアをして放置をしてはいけません。
そのカサカサを放置してはいけない理由をご存知ですか?
とても簡単な事ですが、シワへと繋がってしまう可能性があるのです。
乾燥というと、肌が萎縮している状態でもあり、”洗顔の後はつっぱる”という感覚を感じる方がとても多いかと思えます。
そんな状態だとその後の展開ももう容易く想像が出来るのでは? と、思えますがシワが寄ればその部分にクセがついてしまって消えなくなってしまうのです。
簡単に例えれば紙とこんにゃくを思い出して見てください。紙は丸めるとくしゃくしゃになってしまいますが、こんにゃくは水分が保たれているのでシワが寄る事が無いですよね? 肌に対してもそれと同じ事が言えるのではという事です。
そう思うと、タダの乾燥。冬だけだから仕方ないと放置してはいけない事を理解頂けるんでは? と、思えます。
その為には日頃からのスキンケアや乾燥を酷くしないために洗顔も優しく行う等の配慮がとても大切な問題なのでは無いでしょうか。

ニキビが出来やすい人

Posted 1月 21st, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

ニキビというと思春期独特の悩みだな……世間が思っていたのはつい15年前ほどまでですが、もはや今では大人ニキビというものも一般常識化していますよね。

しかしこの大人ニキビなかなか治らず、同じ場所に何度も出来ると言われているそうです。
私自身も実は大人ニキビにはかなり悩まされてきた身分なのでこの辛さは痛い程によくわかります。顔がボコボコで化粧をしても隠れきれない、赤く腫れてしまって痛い。
まして家族には汚いだ、酷いだと気にしている事をいちいちと非難をされ、気分的にもかなりマイナスになってしまった事を思い出します。
けれど、そんな大人ニキビ出来やすい人と出来にくい人が居るそうなのです。
やはりそれを知る為には、要因をしっかりと把握しておくことが大事なのではないでしょうか。

まずは、20代を超えるのにもかかわらずニキビが出来やすい人は、基本的にストレスを抱え込みやすい神経質な人が多いそうです。鬱気質に陥りやすいネガティブな人・胃がすぐ痛む人もニキビが出来やすいと考えられているそうです。
また、食事のバランスが極端に偏っていたり、就寝時間もバラけている。そんな生活習慣の乱れが激しい人も出来やすいものです。
もはや当然といえば当然でしょう。皮膚を作るのは食事と睡眠がメインとなるので、このような生活をしていれば、出来てくださいと言っているようなものにも思えてしまいます。主にこの2つが大きな要因となるのでは? と、思えますが、やはり根本的には生活習慣がメインとなる課題ではないのかと思えます。

未だ私自身もニキビ完全克服をしたワケでもないのですが、数年前よりもだいぶマシになったと思えます。やはりマシになった理由を思い出すと、食事も取れず人間関係がギクシャクした仕事のストレスがとても大きかったからだと思えました。
結果転職をしたら、ニキビが改善していったという事です。
けれど、仕事というと生活もかかっている事なので安易に辞めたり転職を探すというのも難しい話ではないでしょうか。そんな時は、なるべく家に帰ってからはリラックスすること仕事の事を忘れる事が大事なのではと思えます。

妊娠中は便秘になりやすい?

Posted 12月 27th, 2013 by hiro39planning55. Comment (0).

なぜか妊娠すると今まで便秘になんかならなかったのに、急に便秘になってしまったという方がとても多いそうです。

しかし、それには2つ理由が考えられるそうです。
まず一つ目としては、ホルモンバランスの影響が関与しているのでは? と、考えられているそうです。妊娠をすると黄体ホルモンが多量に分泌されますが、このホルモンにはどうやら腸の働きを抑制してしまう作用があるようです。
また、ホルモンバランスが乱れることによって、自律神経失調症と近しい状態になって、神経の伝達がうまくいかなくなり、便が滞ってしまうという説も考えられるそうです。
また、もう一方の理由としては、おなかの中で赤ちゃんが大きくなればなるほどに子宮が腸を圧迫してしまい、腸の幅は狭まって肛門付近で便が詰まってしまう事があり結果便秘になってしまう事もあるそうです。
確かに、妊娠中の便秘で実際出産の際に息んだ際に排便をしてしまう妊婦さんは非常に多いそうです。仕方ないとも思える事ですが、自分の身に起こったと課程するとかなり恥ずかしいですよね。

そんな妊娠中の便秘対策としては、やはり便秘改善薬や浣腸を用いる事はなかなか胎児に影響が無いかと薬剤に頼る事を怖く思ってしまう部分もあるので、自然な排泄を促してあげる事が大事なのでは? と、言われているそうです。
そうなると、やはりヨーグルトやオリゴ糖など、おなかの調子を整え便通を促す食材を摂取する事が好ましいと言われているようですね。
また、最近では乳製品が嫌いな人の為に乳酸菌のサプリメントなども販売されていますのでそのようなものを摂種する事も一つの手段なのでは? と、思えます。

シミ消しに第三医薬品を用いる手段

Posted 11月 29th, 2013 by hiro39planning55. Comment (0).

シミの悩みというと、本当に簡単にキレイにする事ができない上、作るのは本当に簡単なのですが、元のキレイな状態に戻す事も本当に難しい問題だと思えます。

そもそもシミが出来やすい人・出来にくい人と双方の肌質に別れるようですが、シミが出来やすい人というと新陳代謝が悪くメラニン色素を老廃物のように排泄する事が出来ない場合、このようにシミとして肌に残ってしまうそうです。
ケア方法というと、様々な手段があるものですが、やはり美白化粧品に頼る方がとても多いように思えます。
他にもエステサロンや美容皮膚科などではシミ取りの技術もあって1回でキレイにする事は出来ますが、やはり多大なコストがかかってしまい、数多くあるとするのであればおよそ全て除去を考えると10万単位の金額がかかってしまう事が事実です。
またこういったシミ取りは、すぐにキレイになるものですが、やはり術後かさぶた状態となってしまうので、これを無理にはがしてしまったり自然に剥がれなければ再びシミとして発生してしまうという事も考えます。

そこで普段のケアにプラスして使用すると良いと言われているものが、内側からのケアとしての栄養補助です。シミに良いとされる栄養素というとビタミンCをはじめとする栄養素を連想しますね。けれど、それ特化なシミ対策用のものも第三医薬品なども販売されていますのでそれを用いてみる事も一つの手段となるのではと思えます。
中でもロスミンローヤルなどが代表的なものと言えますね。
これらの第三医薬品は、通常のドラッグストアなどにも売られていますが、ネット薬局などでも販売がされています。
手軽に買う事が出来るので通常のドラッグストアで購入する事も良いですが、それ以外でも実はネット薬局などの方が通常定価より求めやすい金額で売られて居る事が多いそうです。またロスミンローヤルに関しては、公式サイト通販サイトでお試し購入するのが一番安いそうですよ。

しかし、シミの出来る原因と根本的に考えて行くと紫外線がまず浮かぶものです。
まずその紫外線ケアを春夏秋冬を問わずにしっかり行うこと。対策を怠らない事が大事なのではないかとも思えます。