白髪染めってどうしてすぐ色落ちするの?

Posted 2月 9th, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

30代後半から40代の悩みというと挙げれば尽きないものかも知れませんが、中でも白髪に悩み始める人が本当に多いのではと思います。

しかし、白髪これは老化の現象の一つとして出てもおかしな事ではなく自然な事です。
けれど、出来れば年も取りたくない! と強く思う女性に取っては白髪が生えること。これはかなり悲しい事なのでは? と、思えます。
しかし白髪……これはあればあるだけ老けて見えてしまうものですよね。そんな白髪やはり殆どの方がカラーをしてカバーをしているかと思いますが、思った事はありませんか?
色がすぐ抜け落ちてしまうと。

しかし、白髪染め 色落ちが激しいのにはやはりそれ相応の理由があるものです。
基本的に白髪染めはヘアマニュキアにカテゴライズされるものが多いものです。染料を髪の毛に染みこませて染めるというものではなく、髪の毛をコーティングするというものですね。確かにマニキュアというと爪の上にコーティングするようい塗るものなのでこの言葉は簡単に納得出来るものだと思えます。
しかし、ただ上に色を乗せただけだと考えると、やはり日々髪を洗っていれば当然すぐに色落ちがしてしまうものです。
それが長続きせずすぐ落ちるという理由に結びつくのではと思えます。
しかし、この色落ちに関しては仕方ない部分もあるように思えますね。けれど色落ちをしてしまうとしてもどのようなものを選べばいいのかというと、一定期間をおいても頻度多く使うものとなるのでやはり頭皮や髪の毛に優しいタイプのものが好ましいのでは? と思えます。その中でおすすめ出来るものというとカラートリートメントといわれる天然素材を使った髪を染めながらもヘアケアをしてくれるようなものや、弱アルカリ性のものが色落ちが遅く好ましいと言われているそうですよ。是非参照にしてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.