妊娠中は便秘になりやすい?

Posted 12月 27th, 2013 by hiro39planning55. Comment (0).

なぜか妊娠すると今まで便秘になんかならなかったのに、急に便秘になってしまったという方がとても多いそうです。

しかし、それには2つ理由が考えられるそうです。
まず一つ目としては、ホルモンバランスの影響が関与しているのでは? と、考えられているそうです。妊娠をすると黄体ホルモンが多量に分泌されますが、このホルモンにはどうやら腸の働きを抑制してしまう作用があるようです。
また、ホルモンバランスが乱れることによって、自律神経失調症と近しい状態になって、神経の伝達がうまくいかなくなり、便が滞ってしまうという説も考えられるそうです。
また、もう一方の理由としては、おなかの中で赤ちゃんが大きくなればなるほどに子宮が腸を圧迫してしまい、腸の幅は狭まって肛門付近で便が詰まってしまう事があり結果便秘になってしまう事もあるそうです。
確かに、妊娠中の便秘で実際出産の際に息んだ際に排便をしてしまう妊婦さんは非常に多いそうです。仕方ないとも思える事ですが、自分の身に起こったと課程するとかなり恥ずかしいですよね。

そんな妊娠中の便秘対策としては、やはり便秘改善薬や浣腸を用いる事はなかなか胎児に影響が無いかと薬剤に頼る事を怖く思ってしまう部分もあるので、自然な排泄を促してあげる事が大事なのでは? と、言われているそうです。
そうなると、やはりヨーグルトやオリゴ糖など、おなかの調子を整え便通を促す食材を摂取する事が好ましいと言われているようですね。
また、最近では乳製品が嫌いな人の為に乳酸菌のサプリメントなども販売されていますのでそのようなものを摂種する事も一つの手段なのでは? と、思えます。

Comments are closed.