加齢と抜け毛の関係

Posted 4月 12th, 2013 by hiro39planning55. Comment (0).

やはり加齢によって肌が弛むように、髪の毛のボリュームや毛髪事態にもハリやコシが無くなり、女性でも抜け毛に至ってしまうということはあるようです。

しかしその要因として考えられることは、身体の栄養分が末端にある髪を作る細胞にまでで届かなくなってしまい栄養失調を起こし毛が抜け落ちてしまっているということが考えられるようですね。
しかし、恐ろしいことにこの場合ですと、加齢以外にもストレス性の場合でも同じことが言えます。やはりストレスのかかった場合ですと、自立神経の乱れにより血流も悪くなり髪のまで栄養分が届かなくなってしまうという事態がありうるようです。
その為にどんな対処が必要になってくるのかを考えるとやはり、栄養をしっかりと摂取をすることが第一になります。
けれど、そのような状態ですとどんなに髪によい良質な蛋白質を摂取したとしてもなかなか効率のよい栄養摂取が出来ません。
そんな時に用いると良いとされているものが、育毛剤にもなってきます。
女性用育毛剤はだいぶ主流にもなってきました。やはり直接的に頭皮から栄養を送ることが出来ることは最大の利点ではないでしょうか。
また最近では育毛シャンプーというものもありますね。シャンプーを切り替えてみることも一つの手ではないでしょうか。

髪の毛は1日に数本から、多くて250本くらいは抜けてしまうとは言われています。
あまり神経質になりすぎてもかえって、抜け毛を悪化させてしまうこともあります。
けれど、抜け毛は未然に防げるものでもあります。
やはり早く気が付き早急な対処をしていくことが重要なのではないでしょうか。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>