自力で涙袋を作る方法

Posted 3月 23rd, 2014 by hiro39planning55. Comment (0).

ここ1年ほど、ファッション雑誌のメイク特集を見ても絶対的に涙袋を特集にあげられえるところをよく見かけますよね。

確かに目のしたにぷっくりとした涙袋のある女の子というと魅力的です。
いいな~と正直に思ってしまうものですが、実は私自身鏡を何度みても涙袋が全く目立たなく平らな方でちょっとガッカリしてしまいます。
けれどどうやら随意的に涙袋を作る方法があるそうですね。
確かに最近涙袋特化のアイメイク化粧品さえも販売されているので全く作れないなんて事は無いように思えます。しかし出来る事ならば手に入れたいので是非その事を知りたいと思い、調べてみました。

基本的には涙袋の大きさとは脂肪量によって決まるそうです。
一般的には目の大きい人やほお骨があまり張っていない人丸顔の人の方が涙袋が大きいと言われて居るそうですね。思えば私はかなりのやせ形なので、この理由なんとなく納得してしまいました。
しかしマッサージによる脂肪流動によって作る事も可能という意見も。
この方法としては、目の下側の骨に指を当てて優しく押し上げるだけという簡単な方法でOKとのこと。目の下が少しぷっくりとしたところで2~3秒停止をさせて離します。
これを目頭から目尻まで繰り返して行うそうです。
これをこまめにやることによって脂肪が流れクセがつき、段々と涙袋が出来てくるそうです。また、マッサージ後の寝る前にアイクリームやワセリンを塗っておくと翌朝には下瞼がふっくらするという意見もあるそうですね。
しかし目元はとてもデリケートな部分などで力を入れず優しく行う事が条件でもあります。ぐいぐいとやってしまえば眼球に影響を与えてしまう他、鬱血を起こしてしまう可能性もあるので注意が必要ですね。

他に少しでも涙袋を目立たせる方法としてはパールの入ったピンクのアイシャドーを用いて涙袋が目立つようにする方法も良いとされているそうです。
是非このマッサージ私も試してみたいと思えます!

 

Comments are closed.